市民ケーン | 映画スクエア


市民ケーン

ネタバレが含まれている場合があります。

市民ケーン
公開年
1941年
製作国
アメリカ
監督
オーソン・ウェルズ
出演
オーソン・ウェルズ、ジョゼフ・コットン
「市民ケーン」は、オーソン・ウェルズのデビュー作で、新聞王チャールズ・フォスター・ケーンの生涯を描いた作品。記者が、ケーンゆかりの人物にインタビューし、ケーンの過去が明らかになっていく。実在の新聞王ウィリアム・ランドルフ・ハーストがモデルで、ハーストは関与する新聞社が酷評するといった圧力がかけるなど妨害を試み、興行的には失敗に終わった。

回想を用いた複雑時間展開、画面のすべてにフォーカスをあてるパン・フォーカスを駆使した手法など、技術的に高く評価されている。アカデミー賞では9部門にノミネートされながら、脚本賞のみの受賞にとどまったものの、後年に実施された様々な映画ランキングでは上位に選ばれている。

ケーンの最後の言葉

「立入禁止」と書かれた柵の中にある巨大な豪邸。庭には湖や動物を飼うためのオリなどがあるが、荒れ果てている。豪邸の大きなベッドルームで横になった1人の男が、「バラのつぼみ」とつぶやき、亡くなる。
ケーンの最後の言葉
シーン 市民ケーン

ケーンの最後の言葉

見どころ ・ホラー映画のような出だし ・シュールな映像詩のようなケーンの死の描・・・写 巨大な屋敷の一室で横になる一人の男。手には、スノードームが握られている。「バラのつぼみ」とつぶやいた男の手からスノードームが落ち、転がり、割れる。女性の看護師がやって来て、男の顔にシーツを被せる。男は死んだのだった。 「市民ケーン」・・・

  

ニュース映画

「ザナドゥの城主が死去」というニュース映画が流される。フロリダに作られた豪邸ザナドゥの豪華さについて、集められた美術品や動物について、ザナドゥを作ったチャールズ・フォスター・ケーンの葬儀が行われたこと、ケーンがニューヨークの小さな新聞社を全国規模の大新聞社に育て上げたこと、母親が遺産として残した鉱山がスタートだったこと、財産管理人だったサッチャー氏がケーンを共産主義者だとコメントしたこと、敵も味方も多かったこと、2回の結婚と2回の離婚をしたこと、2人目の妻スーザンのために莫大な費用をかけてオペラハウスやザナドゥを作ったこと、知事選に出馬したがスキャンダルで敗北したこと、新聞事業の失敗で破産したことなどを報じる。ニュース映画を見終えた編集長は物足りなさを感じる。ケーンの最後の言葉「バラのつぼみ」に注目し、ニュース映画の上映を延期して、「バラのつぼみ」の意味を調べるように、記者のトンプソンに命じる。

  

記者を追い返すスーザン

アトランティック・シティにあるケーンの2番目の妻スーザン・アレキサンダー・ケーンが経営するナイトクラブ。スーザンはテーブルで酔いつぶれている。ニュース映画の記者のトンプソンが訪れ、ケーンについて話を聞こうとする。だが、スーザンは怒鳴ってトンプソンを追い返す。

  

ケーンの最後の言葉
シーン 市民ケーン

ケーンの最後の言葉

見どころ ・ホラー映画のような出だし ・シュールな映像詩のようなケーンの死の描・・・写 巨大な屋敷の一室で横になる一人の男。手には、スノードームが握られている。「バラのつぼみ」とつぶやいた男の手からスノードームが落ち、転がり、割れる。女性の看護師がやって来て、男の顔にシーツを被せる。男は死んだのだった。 「市民ケーン」・・・
ケーンを手放す書類にサインをする母親
シーン 市民ケーン

ケーンを手放す書類にサインをする母親

見どころ ・聡明だが親子の愛情を感じさせない母親 ・「パンフォーカス」の見本の・・・ような、窓の外で遊ぶチャールズ(ケーン)の姿 チャールズ(ケーン)の母が宿代の代わりにもらったコロラドの金鉱から金が出たことで、ケーンの母はある決意をする。銀行に金鉱の管理を任せると同時に、息子チャールズの養育も任せることにしたのだ。チャ・・・
大赤字の新聞経営
シーン 市民ケーン

大赤字の新聞経営

見どころ ・ケーンの複雑さと矛盾を感じさせる編集方針 ・余裕たっぷりのケーンの・・・姿 25歳になったケーンは、全財産を受け取る。母親が持っていた金鉱以外にも、後見人のサッチャーの会社は、さまざまな事業に進出し、多角経営を行っていた。だが、ケーンが興味を持った事業は1つだけ。新聞社だった。地味な新聞社だったインクワイア紙・・・
チャールズ・フォスター・ケーン

IMDb

人物 市民ケーン

チャールズ・フォスター・ケーン

俳優:オーソン・ウェルズ チャールズ・フォスター・ケーンは世界有数の大富豪であり、新聞王。母親が権利を持っ・・・ていた金鉱から金が出た際に、後見人サッチャーに預けられる(1871年)。25歳になると莫大な資産を手に入れ世界で6番目の資産家となる。だが、金鉱などには興味を持たず、バーンスティンや友人で劇評家のリーランドとともに、ニューヨークの新聞インク・・・
ジェディダイア・リーランド

IMDb

人物 市民ケーン

ジェディダイア・リーランド

俳優:ジョゼフ・コットン ケーンの友人で、同僚。若き日のケーンと友人になり、インクワイア紙の経営に乗り出し・・・たケーンによって、劇評家として契約する。発行部数を伸ばすケーンを近くで見守り、戦友のような関係となる。だが、知事選に落選したケーンに対し、傲慢さを批判。自ら志望して、シカゴへと転属する。その後数年間にわたり、ケーンとは口をきかない。 ケー・・・
スーザン・アレクサンダー

IMDb

人物 市民ケーン

スーザン・アレクサンダー

俳優:ドロシー・カミンゴア ケーンの2番目の妻。馬車が跳ねた泥を頭からかぶったケーンを見て笑い、きれいにする・・・ために部屋に招き入れたことから知り合いになる。その時は有名人のケーンのことを知らず、互いに孤独であると感じ取ったケーンがほれ込み、不倫関係となる。 ケーンが知事選に出馬した際に、不倫関係を知った対抗馬で現知事のゲティスの脅迫に従い、ケーン・・・
ケーン「バラのつぼみ・・・」

IMDb

セリフ 市民ケーン

ケーン「バラのつぼみ・・・」

0:02:15頃 チャールズ・フォスター・ケーンの最期の言葉。巨大な屋敷ザナドゥ・・・のベッドで、スノードームを手に握りながら、この言葉をつぶやいて、ケーンはこの世を去る。「バラのつぼみ」とはいったい何のことなのか?その謎を解くために、ニュース映画の記者トンプソンは、ケーンの関係者に話を聞きに行くが、誰もはっきりとは知らない・・・
ケーン「君は散文詩を作れ。俺は戦争を作る」

IMDb

セリフ 市民ケーン

ケーン「君は散文詩を作れ。俺は戦争を作る」

0:25:00頃 新聞社経営に乗り出したケーンは、扇情的な記事を積極的に掲載する・・・など、手段を問わずに発行部数を伸ばしていく。時には事実のでっちあげも辞さないことが、このセリフから伝わってくる。ちなみに、このセリフは、ケーンのモデルとなった新聞王ウィリアム・ランドルフ・ハーストが、でっちあげの記事でアメリカの世論を米西戦・・・
ケーン「毎年100万ドルの割合で損失を出していくと、新聞社を潰さなければならないだろう・・・60年後に」

IMDb

セリフ 市民ケーン

ケーン「毎年100万ドルの割合で損失を出していくと、新聞社を潰さなければならないだろう・・・60年後に」

0:26:45頃 ケーンの新聞社経営について、かつてのケーンの後見人のサッチャー・・・がたしなめにくる。財政上の懸念を話すサッチャーに対するケーンの言葉。ケーンが自らのやりたいように新聞社経営ができる秘密が、ケーンの途方もな巨額の資産にあることが分かる。だが、残念ながら60年は持たない。大恐慌により、ケーンは新聞社の経営権を・・・